ロシア語の色(цвет)を表す単語 20個!

色と、色に関わるロシア語単語

今日は、ロシア語の「色」(цвет)を表す単語を勉強しようと思います!品詞としては、形容詞中心ですね。せっかく「色」を学ぶので、色とりどりに塗りながら、勉強したいですね。それでは早速、単語です。どーん!

  • □ белый:白い ■ чёрный:黒い ■ серый(седой):灰色の
  • ■ синий(голубой):青い ■ красный:赤い ■ пурпурный(фиолетовый):紫色の
  • ■ зеленый:緑色の жёлтый:黄色の ■оранжевый:橙色の、オレンジ色の
  • золотой:金の серебряный:銀の
  • ■ розовый:ピンク色の ■ бурый:茶色の
  • транспарентный(прозрачный):透明の、透き通った

色に関わる単語も、いくつか、ついでに勉強します!
радуга:虹
светофор:信号機
краска:絵の具 кисть:筆(塗るほうの) красить:塗る художник:画家
полоса:縞(シマウマの「しま」)

こうして見ると、「色」に関わる単語って、基本的なものだけでも、単語数で言うと意外と多くあるんですね・・。色の事ばかりについて語る事はあまりないと思いますが、ちょっとした様々なところで出てきそうですね!

色を名詞として使いたい場合は、
голубой цвет(青色)пурпурный цвет(紫色)Зелёный цвет(緑色)のように言う他に、
紫であれば単に пурпур という形で名詞として用いられるようです。

少し想像力を働かせて、色を表す単語の使われ方も調べてみましょう!

■ Чёрное море:黒海 モスクワの南にある、内陸の中の「海」ですね。地中海とつながっています。
■ Чёрная дыра:ブラックホール( дыра :穴 ※ただし、壁にあける穴はотверстие、スコップで地面に掘る穴はяма、キツネなどの巣穴はнора・・らしい。)
■ чёрный хлеб:黒パン
■ 「あの」チェルノブイリの、「チェルノ」もこのчёрный由来だそうです。

□ Республика Беларусь:ベラルーシ共和国 (白ロシア) Беларусь → белый+ русь  
□ белая лошадь(белый конь)白馬

седой волос:灰色の髪  У моего дяди седые волосы. 私の叔父の髪は灰色(白髪混じり)だ。 
しかし、もっとオシャレでファッション的な灰色の髪の色も指すようです。

Японский зелёный чай:日本の緑茶( Японский :日本の  чай:茶、紅茶、チャイ )
単に зелёный чай と言ったら、別の緑茶っぽい茶を指すようです。

голубые сыры:青チーズ
русская голубая кошка:ロシアンブルー(猫。 русская :ロシアの кошка :(めす)猫)
У моего сына голубые глаза. 私の息子の目は青いんです。(моего:私の сын:息子 глаз:目)

Рабоче-крестьянская Красная армия:ソビエト連邦時代の政府軍の俗称。英語では red army
Большой красный Дракон и Жена, одетая в Солнце:イギリス画家の作品The Great Red Dragon and the Woman Clothed in Sun のロシア語訳。
・・なんか、いいイメージの単語が思い浮かばなくてスミマセン!

ультрафиолетовое излучение:紫外線 (излучение:光線、放射 ※紫色の光より波長が短い光、の意味なので紫外線は人間の目には見えない)

Жёлтое море:黄海 日本のすぐそばにある海ですね

Золотодобыча:金採鉱 (дыра:穴 добыча:採鉱)
золотые прииски:金鉱山

 серебряный браслет:銀のブレスレット
 серебряный призёр:銀メダリスト(призёр:受賞者)
 серебряная монета:銀貨(монета:コイン)

■ розовые цветы:ピンク色の花々

■ бурый медведь:「茶色熊・brown bear」いわゆるヒグマの事(медведь:熊)

なるほど・・ざっと、てきとうな例を探しただけでも、結構多くのものが見つかりますね。大事かもしれないと感じたのは、単にロシア語-日本語の訳を強引に暗記しようとするのではなく、他の単語と組み合わせて学習する事でしょうか?

文法についての面倒な話!!

さて今回、故意に敢えて触れてないのですが、じつはロシア語の形容詞の文法は異常に面倒くさいようです。

  • 形容する名詞が男性名詞・女性名詞・中性名詞・複数形かで、形容詞の形が変化する。
  • さらに、名詞の男・女・中性・複数のそれぞれについて、名詞が主格・生格・与格・対各・造格・前置格かによって形容詞の形も変化する。

・・などとゆう、超・激スーパーウルトラめんどくさい決まりがあるんだそうです!!!!日本語並のめんどくささ、あるいはそれ以上でしょうか。

今回の「色」の例でも、例えば同じ「黒色」「青色」でも、じつは使用例ごとに微妙に形が違っています。これはじつは、形容詞に関する文法ルールにより、微妙に形が違ってくる、という事です。

なんで、英語みたいにもっとシンプルな文法にしないのでしょうか!?・・と言っても始まらないので、とりあえず管理人は、最初は文法の暗記は拒否します!!

文法が大事ではないと言うつもりは、毛頭ありません。ただ、英語や他の言語の学習経験から言うと、細かい文法は後回しでも良くて、それよりも語彙数を増やす事のほうが大事だと思います。
文法は後からついてくる・・というよりは、より多くの具体的な単語や文章を知っていたほうが、結果的に文法の正確なルールもよく分かるようになるというのが、管理人のこれまでの言語学習の経験です。

ですから、もっともっと多くの具体的な単語やロシア語の文章に触れたいですね。(1つ1つの文章などに対して、疑問に思ったら文法も調べるのは大事だと思います。)

それでは今回はこれで終わります。ご覧いただき、ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です