ロシア語のいろいろな形容詞単語

今回は、ロシア語のいろいろな形容詞をまとめてみます!

色に関する形容詞については、過去の記事でまとめて整理しています。

目次:

  1. ロシア語の形容詞の基本的な「形」と特徴
  2. 物・事物に対する形状や状態の形容詞・・暑い、大きい、長いなど
  3. 感情・主観が関係する形容詞・・美しい、良い、悪い、楽しいなど

ロシア語の形容詞の基本的な「形」と特徴

ロシア語の形容詞は、基本的な形(男性・主格の形)として、
ый , ой , ий という語尾で終わるという大きな特徴があります。

形容する名詞の①性別と②格によって、形容詞も格変化します。例えば名詞が「中性・主格」の場合と、「女性・前置格」の場合に、それを形容している形容詞の形(基本的に語尾)が異なるのです。
これは、初見だと目を疑いたくなるような面倒な規則ですが、覚えるコツもあります。
今回は、「単語としての形容詞」を整理します。形容詞の格変化については別途に詳しくまとめてます。

「寒さ」に対する「寒い」のように、名詞と形容詞が意味的にセットになっている場合もあります。
この時も、形容詞の語尾が ый , ой , ий で終わる事が利用されます。
☆ 具体的には、холод:寒さ → холодный:寒い のように変化させるパターンがあります。
☆ 色に関する形容詞もこれに当てはまります。

もちろん、そのように形容詞に対応する名詞が必ずあるという事ではありません。これについては、どの形容詞にはそのような対応があるのかを以下で具体的に見ていきましょう!

物・事物に対する形状や状態の形容

まずは、客観的というか素朴に物・事物の形状や状態を表す形容詞を見ていきたいと思います!
これらのうち、名詞と形容詞の形がセットになっているものを中心に、先に見ますね。
対義語になっているものは、なるべく近くにまとめて、分かり易いようにします!

物の性質や状態① 気候など「暑い」「寒い」他・・「高い」「深い」もここに含めてます。
物の性質や状態② 「速い」「重い」など 
物の性質や状態③ 物の形状:「大きい」「鋭い」「厚い」 
その他の物の状態「新しい」「古い」「清潔な」など 

物の性質や状態① 気候など「暑い」「寒い」他

まず、「暑い」「寒い」などの形容詞です!
これらの中には、名詞と形容詞がセットになっているものがあります。

  • жара:熱 → жаркий:暑い、暖かい
  • тепло:熱、温かさ → теплый:温かい【温度と、比ゆ的に感情的な意味でも】
  • горячий:熱い 
  • холод:寒さ → холодный:寒い
  • влажный:濡れている、湿気のある
  • сухой:乾燥した
図の中の単語は全て形容詞になります。「砂漠」「雪」などの名詞については自然に関する単語として詳しく整理しています。

「高い」「深い」などの形容詞も、名詞とセットになっています!

  • высота:高さ、高度 → высокий:高い
    ★ 通常の高さの他に、興味、利益などの形容にも使えます。
  • невысокий(низкий):低い
    ★ невысокий はне высокий (つまり「高くない」)のように考えられます。
    ★ низкий は、「人の背が低い」「品質が劣っている」等の意味があります。
  • глубина:深さ → глубокий:深い
  • мелководье:浅瀬 → мелководный:浅い
    ★ мелкий:小さい вода:水

物の性質や状態② 「速い」「重い」など

次に、状態を表す初歩的な形容詞のうち、
名詞と形容詞が必ずしもセットになっていないものについても見てみましょう。

  • крепкий:硬い
    ★ крепость:砦、城 → 転じて、「硬さ」「強さ」の意味もあります。
  • мягкий:柔らかい【→ これの名詞形は мягкость】
  • тяжёлый:重い
    ★ 「重さ」「重量」はвес(動詞形весить)「体重」「質量」масса
  • лёгкий:軽い
    ★ 転じて、比喩的に「軽い食事」「軽工業」「簡単な」の意味も表します。
  • быстрый(скорый) :速い
    ★ 副詞形は быстро:速く、素早く скоро:早く、じきに
  • резкий:突然の、急な、(発言などが)厳しい
  • медленный:遅い 【副詞形медленно】
  • ровный:なめらかな гладкий:磨かれた、さらさらな【金属、髪など】
  • неровный:(表面が)荒い、でこぼこしている
    ★ неровный → не ровный

物の性質や状態③ 物の形状:「大きい」「鋭い」「厚い」

続いて、「大きい」「小さい」「長い」「鋭い」・・などの、
物の形状を表す形容詞です!

  • большой:大きい
    ★ больше:これは比較級になります。
    ★ боль は「痛み」の事で、意味的に別の語です。больница:「病院」
  • малый (мелкий, небольшой) :小さい
    ★ небольшой は、не небольшой「大きくない」的な意味合いと考えられます。
    ★ これらに対して、милый は「かわいい」の意味です。
  • длинный:長い
    ★ 時間的に「長い」は долгий
  • короткий:短い
  • острый:鋭い
  • тупой:鋭くない、尖ってない
  • толстый:厚い、太っている тучный:太っている
  • тонкий:薄い худой:やせている
  • круглый:丸い

その他の物の状態「新しい」「古い」「清潔な」など

新旧に関する形容詞や、部屋などが「きれい」「きたない」なども見ておきましょう!

「青い」は синий です。図では、色ではなくて「すっきりしている」事を指しています。размытый は、ぼやけているという事です。
  • новый:新しい 
    ★ новость, новости:ニュース
    ★ молодой:若い
    ★ нынешний:現在の
  • старый:古い、昔の
    ★ старинный も「古い」「昔の」の意味ですが、やや「古い時代の」「古代の」的。
  • чистый:清潔な、純粋な
    ★ чистоплотный :きれい好きな、清潔な
    ★ экологичный:これは英語の ecological からの語で「環境にやさしい」的。
  • грязный:汚い 【部屋が散らかってる、泥がついて汚れてる等、種々の意味】
  • ясный:はっきりしている、きれいな 【空、説明など種々の事に対して】
  • светлый:(色が)薄い、きれいな、ブロンドの
    ★ свет:光、明かり、電灯
    ★ прозрачный:透明の、透き通った、きれいな
  • размытый:ぼやけている
    ★ размыть:ぼかす、あいまいにする размытость:ぼやけている事、ぼかし
  • нечёткий:ぼやけている、かすかな
  • опасный:危険な
    ★ опасность:危険、脅威、リスク 【「リスク」は риск とも言います。】

感情・主観が関係する形容詞

では次に、比較的、人の感情や主観が関係しやすい形容詞を整理します!例えば、「美しい」「かわいい」などは、人によって感じ方や意見などが異なる可能性が大きい語ですね。「楽しい」「悲しい」(例えば「『悲しい』物語」)などは、直接的に感情が関係しますね!

★もちろん、そんな事を言ったら全ての形容詞はある程度の主観が混じるものであり、比較の対象がないと「大きい」とか「小さい」といった事さえ言えないという事にもなります。
ここでは、あくまで便宜上、単語の整理のために分けています!

感情・主観が関わる形容詞① 「美しい」「良い」「悪い」など 
感情・主観が関わる形容詞② 「楽しい」「悲しい」など 
味覚に関連する形容詞 

感情・主観が関わる形容詞① 「美しい」「良い」「悪い」など

何に対して「かわいい」とか「美しい」とか思うかは、人によって異なるところがあります。
「強い」とか「弱い」とかいう語も、この図では単純に体格の大きさや筋力などで判断していますが、これもまた主観的であり相対的な要素が強いものであると言えるでしょう。
  • красивый:美しい
  • милый:かわいい
  • уродливый:美しくない、醜い мерзкий:悪い、醜い
  • хороший:良い
    ★ хорошо【ハラショー】:打診への受け答えで、「良いだろう」「OKだ」という返事
  • плохой:良くない、悪い
  • сильный:強い、強力な 
    ★ силь:力
    ★ прочный:強い、耐久性のある
  • слабый:弱い
  • умный:賢い、頭がいい
  • глупый:賢くない
  • трудный:難しい 【問題が難しい、状況が難しいなど種々の意味】
  • простой(лёгкий):簡単な、平易な
    ★ лёгкий は雰囲気などが「柔らかい」の意味もあり。

次の日本語書籍からの引用は、ロシアのシベリアで航空券の値引きを打診したというお話の1節です。この本によると、正規の購入ではなかったようですが・・。

そこでものは試しと思い、その数字に0.8をかけて二割の打診をした。やや心配そうにジーモフはこちらの顔を見つめていたが、男は「ハラショー(けっこうだ)」と答えた。

福田正己 『極北シベリア』岩波新書 P137より

文中でロシア人男性が答えている「ハラショー」というのが、ロシア語で書くと хорошо というわけですね。хороший:「良い」から来ているわけです。

感情・主観が関わる形容詞② 「楽しい」「悲しい」など

次に、「楽しい」「悲しい」などの、より直接的に感情が関わる形容詞です!

счастливый 「楽しい」、печальный 「悲しい」等は、物語・映画・本の内容等の形容に使えます。
これに対して、сердитый「怒っている」等は、基本的に人や動物の感情を直接表します。
  • счастливый:楽しい、幸運な、幸せな счастливый рассказ:楽しい物語
    ★ 名詞形は счастье:楽しさ、幸せ
  • печальный:悲しい、残念な печальный фильм:悲しい映画
  • страшный:怖い、恐ろしい страшный опыт:恐ろしい経験
  • интересный:興味深い、おもしろい
  • привлекательный:魅力的な、人目をひく
    ★ привлекать:引きつける、誘引する
  • удивительный:驚くべき、驚異の
    ★ удивление:驚き
  • сердитый:怒っている сердить:【動詞】怒らせる、苛立たせる

味覚に関連する形容詞

味覚に関連する形容詞も整理しておきます!

いちご(клубника)、ケーキ(торт)、お砂糖(сахар)は「甘い」сладкий ですね。
  • сладкий:甘い
  • солёный:しょっぱい、塩辛い 
    ★ соль:塩
  • пряный:辛い、スパイシーな
  • горький:にがい горький кофе:苦いコーヒー
    ★ 転じて、比ゆ的にгорький опыт:「苦い経験」のようにも使えます。
  • вкусный:おいしい、美味である
    ★ вкус:味

管理人の想像力が足りないせいもあってか、味覚に関しては、意外と形容詞が多く出てこなかったです!

はい、では今回はこれで終わりにします!ご覧いただき、ありがとうございます!

参考資料・参考図書・リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です