ロシア語学習を始める!アルファベットと発音・・ロシアはРОССИЯと書く

  1. 自己紹介:ロシア語の学習を始めます・・当サイトと管理人の自己紹介です
  2. ロシア語の世界を覗いてみる:色々な単語を調べてみよう・・アルファベット攻略!
  3. まとめの表・・アルファベットと発音を整理した一覧表です

自己紹介:ロシア語の学習を始めます

はじめまして皆さま。このブログでは、管理人の、ロシア語の学習の内容をつづっていきたいと、思っております。ロシアや東欧の事に興味を持って、まずロシア語を理解できるようになりたいと、思いました!

このブログの特徴は、管理人自身、ゼロからロシア語の勉強を、開始するという事、です。つまり、壮大な、実験でもございます。(※本当は学校などでちゃんと教わりたいのですが、機会がないので仕方なく独学という事です!)

意図するところは、もし、管理人が、ゼロから始めて、ある程度のところまで「ロシア語が分かるようになった」としましょう。もしそうなれば・・、このブログには、「ゼロから始めた人が、ここまでできるようになるまでの過程」が、詳細に記録される事になります。また、ゼロから始める人が、「少なくともこのへんまでは無理なく分かるようになる」というひとつの証明にも、なるのではないかと、期待しております。

ただ、学習を始めるにあたって、その外国語に間接的にでも関わる知識を持っているかどうかは、直接的には同じゼロから始めるにしても、多少変わってくる要因には、当然なるかと思います。管理人が今持っている、ロシア語学習に間接的な関連するかもしれない知識は、次のようなものです:

  • 外国語一般の知識やスキルは?:英語は、めちゃくちゃ得意です。それと、ドイツ語・フランス語・スペイン語を勉強した事はあります。しかし言い換えると、東欧系の言語は何も学んでいない・教わっていない人です。
  • ロシア・東欧に関する知識:歴史の勉強が好きで、世界史などはよく勉強してます。なので、ロシアの歴史などは、ざっくりですが知っています。ただし日本で教わる世界史では、そもそも東欧史の扱いが雑なので、もっと正確で詳しい事を勉強したいです!
  • 文字の知識:英語などのアルファベットはもちろん知っていて、ギリシャ文字は知っています。(※ギリシャ語は、知りません。いつか勉強したいとも思います!)ロシア語のアルファベットのもとである「キリル文字」は、ギリシャ文字を母体として作られたらしいので、ほんのちょびっと少しだけ関わるかも。

というわけで、外国語自体は、決して苦手ではないという設定です。ただし、英語にしても他の外国語にしても、「学び始めの時は非常に苦労した」経験はございます。まず第一に、「暗記が苦手」な人です。単語の丸暗記など、できるものではございません。(※「ん?・・それで、英語得意なの??」と思われる方もいるかもしれませんが、管理人は確かに物覚えが悪くて暗記が苦手で、でも英語は得意です。でも言い換えると・・そういう人でも、ある程度は外国語分かるようになるんだね?という、ひとつの自信は持ってます!)

目標は、とりあえず、大きなゴールとしては、「英語並にロシア語が分かるようになる事!」です。もうちょっと具体的には、

  • ロシア語で書かれたサイトの文章が読めるようになる(辞書は使ってもよろし)
  • ユーチューブなどの動画でロシア語使用の動画の内容が分かるようになる・ロシア語のニュースなどが分かるようになる(ある程度聴き取れればよし)
ロシアの動画やニュースが分かるようになるといいですね。

要するに、「読む」「聴く」というインプットの点に関してできるようになれば、目的達成でじゅうぶんという事にしたいです。

※本当はロシアに行って現地の人と会話したりできれば理想ものですが、第一に¥お金がないので頻繁に海外旅行できるはずもなく、そもそもボツなので「話す」事についてはこだわらない事にします。

適宜、ロシア語検定などの資格試験も勉強に利用したいと思います!

ロシア語の世界を覗いてみる:色々な単語を調べてみよう

はい、というわけで、まずは色々な単語を見てみたいと思います。文法も大事でしょうが、まず単語というパーツがないと文法もへったくれも、ございません。(※もちろん、英語などの学習経験からの「予測」ですが・・)

人口 население 【ナセレーニエ】 : 1億4千万人くらい 146 745 098人(2020 ウィキペディアより)
ロシアの人口、さすがに日本よりは多いですね。でも、アメリカに比べると意外と少ないと言えるかも。

ワンポイント発音①
  1. н :これは英語で言うと N の発音(ナ・ニ・ヌ・ネ・ノ)
  2. с :これは英語で言うとSの発音「サ・スィ・ス・セ・ソ」
  3. л :英語のLに似た発音
  4. и :「イ」に近い発音
  5. а 、e、 о :「ア」「ィエ」「オ」 

というのが大雑把な発音らしいです。→ население 【ナセレーニエ】パンパカパーン!!読めました!
※発音の詳細については、もう少し調べて、下記の表にまとめてあります!

首都 столица 【ストリーツァ】:モスクワ Москва 【モスクヴァー】

Россия 【ロシヤ】:ロシア
русский алфавит 【ルスキー・アルファヴィート】ロシアアルファベット
России :「ロシア(という国)の」
русский :「ロシア的、ロシア製の」的な意味での「ロシアの」
русский язык【ルスキー・ィエズィク】「ロシア語」язык【ィエズィク】:「言語」(※「舌」も意味します。)
※ロシア語の形容詞は、語尾が変化したりして、文法的に結構面倒らしいです。詳細は後回し。
столица России:「ロシア(という国の)首都」(つまりモスクワです。)

Чёрное море【チョルナイエ・モーレ】黒海 черный【チェルニー】黒い море【モレ】海 
現在はロシアではなくウクライナの土地ですが、有名な「チェルノブイリ」という地名も、「黒い草」的な語源の草の名前に由来するのだそうです(出典:ウィキペディアより)。

さらにワンポイント発音②
  1. в :英語のV「ヴ」などの濁る音。
    (他方、Б という文字が英語のB「バ・ビ・ブ」の発音)
  2. ц :「ツァ・ツィ・ツゥ」を表す発音。царь:帝政ロシアのツァーリ(君主・皇帝)
  3. у:これは「ウー」という発音。英語のワイと間違えやすいですね。
  4. М、к、т:これらは、英語のM、K、Tと大体似るようです。т については少し注意事項もあり。
  5. я :このアールがひっくり返ったような文字は、英語のY発音「ヤ」等を表すらしいです。子音ではなく母音の一種。
    н と組み合わさって ня の場合はまとめて「ニャー」になる。язык の場合は「ィエ」的になるらしいです。

→ Москва 【モスクヴァー】 столица 【ストリーツァ】 Россия 【ロシヤ】 Русский【ルスキー】

  1. з:英語のZ発音「ザ・ズィ・ズ・ゼ・ゾ」
  2. ы:これで1つの文字として扱い、「ゥイ」という発音らしい
  3. Ч:英語で言うch「チャ・チュ・チョ」発音
  4. ё:これは、「ヨォ」と発音するらしいです。

→ язык【イェズィーク】 Чёрное【チョルナィエ】

簡単な文の作り方:「ロシアの首都はモスクワです」と言うには?

Столица России ― Москва. で「ロシアの首都はモスクワです」に、なるようです!
英語の be 動詞に相当するものとして есть(連辞動詞と呼ぶそうですが)というものもあるそうですが、なんと省略する事が標準だそうです。
なので、普通の文の作り方としては、
「私は日本人です」→「私」「日本人」→ я(【ヤー】私) японец (【ィエポネーツ】日本人).
я японец .
で、基本的にはいいんだそうです!!
ただ、代名詞を使わない時は、あまりに紛らわしいせいか、書く時はダッシュ「-」を入れるのが普通だそうです。

Российская Федерация【ロスィースカーヤ・フェヂェラツィーヤ】:正式名称の「ロシア連邦」

город【ゴーロト】:町、市、都市(歴史でノヴゴロド公国とかありますね)
деревня【ディエレーヴニャ】:村、集落

「村」と「町・都市」。厳密な線引きはどの言語でも難しいでしょうが、イメージです。
д(デ)の発音

д は基本的には英語で言うdの発音らしいですが、
①「単語の終わりに来るとき」と②「無声子音(濁らない発音)の前に来るとき」は、実質的にtの発音になるんだそうです。
また、細かい発音は少し文面では表しにくいところがあって、
да ды ду дэ до は「ダ・ドゥイ・ドゥ・デ・ド」のような音であるのに対して、
дя ди дю де дё は「dya(ディヤ)・di(ディ)・dyu(デュゥ)・ディェ・dyo(デョ)」
(実質的に「ヂャ・ヂ・ヂュ・ヂェ・ヂョ」に近くなる事も)
このへんは、少しずつ具体的に聴きながら分かるようにしたいですね。

т(テ)の発音

т は基本的には英語で言うtの発音らしいですが、これも少し注意する必要もあって、
続く文字によっては「チャ・チ・チュ・チェ・チョ」の音にもなるそうです。
より具体的には、
та ты ту тэ то は、「タ・トゥイ・トゥ・テ・ト」
тя ти тю те тё は、「チャ・チ・チュ・チェ・チョ」
という感じです。
「トゥイ」と「チ」、「ト」と「チョ」の違いに注意して勉強したいですね。

Сибирь 【スィビーリ】シベリア ・・最後の ь は、発音はせずに、「子音の音をぴたっと止める(「リー」ではなく「リ」で止める)」軟音符という文字だそうです。(※こういうのはめんどくさいですね。発音はしないという事だけ覚えておきます!)
Сибирский хаски【スィビルスキー・ハスキー】シベリアンハスキー
x は、英語のH「ハ・ヒ・フ」に近いが「寒い時に吐く息」・・のような発音らしい。

Русская голубая кошка 【ルスカーヤ・ゴルバーヤ・コーシュカ】・・ロシアンブルー(ネコ)(なんかかっこいい・・)
Русская →ロシアの  голубая →これが「青い」を表現  кошка →意味としてはメス猫。一般ネコはKOT と言うそうです。

Флаг【フラク】:旗  Флаг России 「ロシア国旗」

ロシアンブルーさん、シベリアンハスキーさん、ロシア国旗をロシア語で表現してみました。
ワンポイント発音③ ギリシャ文字由来っぽいもの

г、 р、д、Ф、x などは、ギリシャ文字由来と考えたほうが覚えやすいかもしれませんね。

  1. г :英語のG発音(→ ギリシャ文字の「ガンマ」Γ (大文字))
  2. р :英語のRに近い発音(→ ピーではなくてギリシャ文字の「ロー 」 ρ 由来)
  3. д :英語のD発音(→ ギリシャ文字「デルタ」Δ)
    да ды ду дэ до は「ダ・ドゥイ・ドゥ・デ・ド」
    дя ди дю де дё は「dya・di・dyu・ディェ・dyo」
  4. Ф :英語のF発音(→ ギリシャ文字の「ファイ」φ)
  5. п :英語のP発音(→ ギリシャ文字「パイ」π )
  6. x :英語のH発音に似る(→ ギリシャ文字「カイ」χ )
ワンポイント発音④ その他!
  1. ш :英語のsh発音「シャ・シュ・ショ」
  2. щ :「シー」
  3. ю :「ユ」
  4. ж :英語のJに少し似た発音「ジャ・ジュイ・ジュ・ジェ・ジョ」
  5. ь :「軟音符」これ自体は発音せず、母音を長くせず「短く止める」役割

なるほど・・こうして見ると、 ちょっとした学習上の分類ができるかもしれませんね。

  1. a,e,o,M,K,T, などの英語等の西欧言語の知識がある程度使えるもの
  2. н 、р 、y などの、英語等の知識の先入観が邪魔をするので要注意のもの
  3. г, д, ф, П などの、ギリシャ文字を知っていると覚えやすいもの
  4. и, л, з ,ш, юなどの、新規に覚えるべき文字

これらを踏まえて、ロシア語のアルファベットとその発音は、具体的な単語の中で覚えるのが良さそうですね。
その際、あまりてきとうな単語ではなくて、自分が好きな単語、興味のある単語を選ぶのがいいと思います!(※これはロシア語に限った話ではありません。)

例えば、管理人だったら、(めす)ネコを表す「コーシュカ」 кошка の中の ш や、 黒海Чёрное море や「チェルノブイリ」の Ч は、読み方忘れないと思います!!

まとめの表!ロシア語のアルファベットと発音一覧

まず、ここまでのところをまとめて表にして、整理します! じゃーん!
(アルファベットの順序を少し無視します。アルファベット順の表も下記にあります。)

ロシア語アルファベット発音単語の例
a,e,o
к、м、т
大雑把には英語同様のローマ字的な発音
a :「ア」よりも口を大きく
e :「ィエ」的な発音
o :「オ」の前にかすかに y 音
кот【コット】・・ネコ(雄猫)
я「ヤ」 英語の Y 発音「ヤ・イィ・ユ・イェ・ヨ」россия【ロシヤ】・・ロシア
и「イ」 「イ」(й は「短い『イ』」)
B「ヴェ」 英語の v 発音「ヴ」Москва【モスクヴァー】・・モスクワ
Б「ベ」 英語の B 発音「バビブ」хлеБ【フリェープ】・・パン
х「ハー」 英語の H 発音似「ハ・ヒ・フ」
「寒い時に手を暖めるために息を吐く音」・・らしい。
с「エス」 英語の s 発音「サ・スィ・ス」совaкa【サヴァカ】・・イヌ
н「エヌ」 英語の n 発音「ナ・ニ・ヌ」население 【ナセレーニエ】人口
Ф「エフ」 英語のF発音Флаг【フラク】・・旗
город【ゴーロト】・・町、市
дом・・【ドーム】・・家
деревня【ヂェレヴニャー】・・村
река【リカー】・・川
гора【ガラー】・・山
лето【リェータ】・・夏
парк【パルク】・・公園
л「エリ」 英語のL発音に近い
(舌震わせない)
г「ゲ」英語のG 発音「ガ・ギ・グ」
д「デ」 英語のd発音および
「ヂャ・ヂ・ヂュ・・」
п「ペ」英語のP 発音「パピプペポ」
р「エル」 英語のrに似るが、
「舌先を震わせる」発音
з「ゼ」 英語の z 発音「ザ・ズィ・ズ・ゼ・ゾ」зоопарк【ズーパルク】動物園
завод【ザヴォート】・・工場
закон【ザコン】・・法律
у「ウ」 「ウ」唇を丸くし、できるだけ突き出す урок【ウローク】・・授業
учить【ウチーツ】・・教える
ч「チェ」 英語の ch 発音「チャ・チィ・チュ・チェ・チョ」 врaч【ヴラーチ】・・医者
черный【チェルニー】黒い
ы「ゥイ」 「ゥイ」舌を引き、後舌面を上げ、唇を突き出さない・・らしい
ж「ジェ」英語の J 発音に似る「ジャ・ジ・ジュ・ジェ・ジョ」
舌先を硬口蓋に近づけ舌先に強い息を集中・・
жарко 【ジャルコ】・・暑い
ш「シャ」 英語の sh 発音に似る「シャ・シ・シュ・シェ・ショ」
ж の、濁らない版
кошка 【コーシュカ】めす猫
ю「ユ」 「ユ」
ロシア語の y の前に短い「イ」
ночью 【ノーチュ】・・夜に
дверь【ドゥヴェーリ】・・扉、ドア
семья【スィミヤー】・・家族
мать【マーチ】・・母
осень【オスィエン】・・秋
ь「軟音符」 発音しない。
①母音を短く止める役割
②音を分離する
ъ「硬音符」 発音しない。
音を分離する
съел【ス エール】食べてしまった
色々なロシア語単語です。具体例や五感も使って楽しく覚えていけると良いですね。
「軟音符」ь がある時とない時の違い

例えば с の後に続く時と続かない時では、
сь:【シ】 си:【スィ】 に近い発音の違いがあるそうです。

  • письмо【ピシモー】手紙
  • здесь【ズヂェーシ】ここに
「有声化」と「無声化」

普通は濁る子音(「有声子音」)が
① 単語の終わりにある時や、②濁らない子音(「無声子音」)の前
にある時は、 濁らない音(つまり「無声子音」と同じ音)になるんだそうです。
逆に、濁らない「無性子音」が濁る「有声子音」に変わる例もあるそうです。
結構面倒くさいですね!まずは重要なところだけ、少しずつ覚えようと思います!

  • 有声子音が「無声化」する例:
    вчера【フチェラー】昨日、前日 сказка【スカースカ】おとぎ話
    в з の発音が変化
  • 無声子音が「有声化」する例
    сделать【ズヂェーラチ】~を行う
    с の発音が変化

こういう細かい発音の変化って、英語にもありますけど、暗記して覚えるものではないですものね。

発音については、学習の目標が「聴き取れればいい」という事なので、初めはあまり気にしない事にします。仮に、現地の人と話す機会が未来にあったとして、その時はその時で会話しながら正しい発音というのは覚えますからね

ロシア語の文字を、きちんとアルファベット順に並べたものは次の通りです!

アルファベット順に並べるとこうなります!

なるほど・・。この調子で、他の文字についても読み方を1つ1つ丁寧にまとめていけば、意外と、文字に関してはそこまで難しくないかもしれませんね。英語での先入観が邪魔をする文字に注意して、少し読み方を練習すれば結構いけるのではないでしょうか。具体例を使いながら、面倒な文法も1つずつ学んでいきたいと思います!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です