ロシア語の前置詞を覚える

目次:

  1. 前置詞のイメージと使われ方・・図や例文で楽しく学びましょう!
  2. 前置詞と一緒に使われる名詞の格変化・・表にして整理しました!

ロシア語の前置詞(предлог, препозиция)の使い方は、語順については基本的には英語などと同じです。つまり、「前置詞+位置(を表す名詞)」とすればよい事になりますので、単純で分かりやすいですね。
(他方で面倒なのは、後半で述べますが、位置を表す名詞のほうの形が格変化する事です!これは、まともに覚えようとしたら相当面倒だと思います。)

英語等の学習での経験から言いますと、前置詞の学習は、あまり理屈でやらないほうがいいと推測します。

学習の指針! 前置詞というのは、基本的にそんなに難しい理屈を表すものではないんですよね。
次のような事に気を付けて学習してみたいと思います。
  • 実際の使われ方によく触れる事
  • イメージと想像力を活用する事

前置詞のイメージと使われ方

на со с под от до  в из у за о  к по между перед после вокруг  через
・・などが、ロシア語の前置詞ですね。大体が、短い語である事は西欧言語と共通するようにも思います。
意味を調べて、イメージ図を作ってみました。ドーン!

ロシア語前置詞
色々なロシア語前置詞のイメージ。ただし、英語で言う in と into の両方の意味が в にあるように、必ずしも単純ではありませんから、イメージも活用しながら「実際の使用例に多く触れる事」が大事と言えそうです。

実際のロシア語の文章を見てみましょうね。次に引用しているのは、ロシアの「ウラル山脈」に関する文です。ウラル山脈は、ロシアの中で南北に走る山脈で、モスクワなどがある東ヨーロッパ平原と、シベリアと呼ばれる地域を隔てる位置にあります。

前置詞としては、 на от до с между через などが使われています。
尚、и は接続詞で「~と」「and」の意味です。

Уральские горы — горная система на Урале, расположенная между Восточно-Европейской и Западно-Сибирской равнинами.

Простирается примерно с севера на юг через западную часть России, от побережья Северного Ледовитого океана до реки Урал и северо-западного Казахстана.

ウィキペディアУральские горы(ウラル山脈)本文1-2行目より引用

こういう時には、肝心なのは名詞のほうの意味で、それが分からないと、前置詞の意味は分かったとしても、文章の意味がつかめないわけですね。なので名詞の単語も、管理人と一緒に勉強いたしましょう。どーん!!

  • Уральские горы:ウラル山脈
  • расположенный:位置している положение:位置 помещать:置く、設置する
  • Восточно-Европейская равнина:東ヨーロッパ平原
    Западно-Сибирская равнина:西シベリア低地
    запад:西 восток:東 север:北 юг:南 равнина:平原、低地、谷
  • система:システム、系 простираться:伸びる、延長する、広がる
  • примерно:約、おおよそ
  • часть:側、部分 上記文中では、ロシアの西側部分という事ですね。
  • северо-западного Казахстана:カザフスタンの北西という事ですね!
  • побережье:海岸、海岸線 Северный Ледовитый океан:北極海

要するに、ウラル山脈の地理的な概要の1つを述べているわけですね。
北から南へ(с севера на юг)、北極海の海岸からウラル川へ(от побережья Северного Ледовитого океана до реки Урал)(およびカザフスタンの北東部へ)、
ロシアの西側部分を通って(через западную часть России)、という事ですね。

ウラル山脈は北極海近くからカザフスタンの北西部、ウラル川の付近まで南北に連なっています。ウラル川は、ウラル山脈南部の東側あたりからカスピ海まで流れる川で、約2400kmあり結構長い川です。
「北極海:Северный Ледовитый океан」の ледовитый は「氷に覆われた」等を表す語です。
( лёд:氷)

前置詞 на от до с между через の日本語による意味の説明も、整理しておきますね。ただ、日本語の接続助詞「~に」とか「~の」とかは、外国語の種々の前置詞と意味が色々ダブったり用法が違ったりする事も多いので、暗記はおすすめしません。でも一応書いておきますね。

  • на:~の上に、~の上へ 
    на столе:テーブルの上に на стол:テーブルの上へ столс балкона:テーブル
    ★ 他にも多くの用途あり。на поезде:電車で на международном уровне:国際的なレベルで
  • от:~から、~からの письмо от друга:友人からの手紙 от родителей:両親から
    доходы от прироста капитала(= прирост капитала)キャピタルゲイン(株や不動産の価格上昇による利益の事)доход:利益、良い効用 прирост:増加、増大
  • до:~まで  до станции:駅まで до марта:3月まで
  • с:~と(一緒に)、~から 
    играть с собакой:犬と(一緒に)遊ぶ с 2010 года:2010年から с балкона:バルコニーから
    ★ со も同じ意味で用いられるが、こちらは「~から」の意味が強くна に対応するそうです。
    со стола:テーブルの上から
  • между:~の間に расстояние между 2 городами:2つの町の間の距離 город:町、都市
    расстояние:距離「2つの物の間」「多くの物の間」両方表すみたいです。
  • через:~を通して、~を横切って、~経由で через город:町(の中)を通って

大体のイメージをつかんだら、あとはあまり理屈をこねないで、実際の使われ方にどんどん触れていくのがいいと思います!

もっとも、外国語学習で大変なのは、じつはまさにそこなんですよね。要するに、実際の使われ方に触れる機会が少ないので、理屈をこねた文法や暗記に頼ってしまいがちで、そうなると覚え方として大変厳しくなるんですよね。そういう中で、インターネットは強力な助っ人だと思います。
まず①イメージをつかんで、②実際の使用例を見てみて、③日本語の解説も読むと、理解が深まるかもしれませんね。

他の前置詞についても、一通りの意味を調べましたので、意味を整理しておきますね。 じゃーん!

  • в:~の中に、~の中へ в мешок:かばんの中へ в Москве:モスクワ(の中)で в мире:世界(の中)で
    ★「スポーツをする」を表す用例もあり。играть в футбол:サッカーをする
  • из:~の中から(外へ) выйти из комнаты:部屋から出る
  • под:~の下で под кроватью:ベッドの下で
  • у:~のそばに、~のところに у окна:窓際で у дерева:木の傍で
    ★ возле も似た意味の前置詞。こちらは「近い」の意味合いがある。
  • о:~について о Слове жизни:命の言葉について слово:言葉 жизнь:命
    ★ 母音で始まる名詞に対しては об という形にします。 об уроке:授業について
    ★ 前置詞 про も「~について」を表します。
  • к:~へ、~のところへ к церкви:教会へ церковь:教会
    ★ 期限的な意味で「~までに」も к вечеру:夕方までに
  • по:~で、~によって(主に通信) по электронной почте:eメールで
    ★ 「~に沿って」の意味も。по дороге:道路に沿って
    ★ 場所、時間を表す「~で」「~ごとに」や「~の」の意味も。по всему миру:世界中で
    по утрам:朝ごとに(毎朝) книга по истории:歴史の本
  • вдоль:~に沿って 【по も同じ意味になる事がある。】
  • про:~について история про фей:妖精のお話 история:歴史、物語
  • перед:~の前に перед обеда:食事の前に
  • после:~の後で после урока:授業の後で
  • вокруг:~のまわりに вокруг дома:家の周りに
  • около:~の近くに около озера:湖の近くに、ほとりに
  • за:~の後ろに、~に対して за домом:家のうしろに
    ★ 「~を買いに、呼びに、~の時に」の用法も。за хлебом:パンを買いに за обед:昼食の時に
  • против:~に反対して против короля:王に対して、王に反対して
  • без:~なしで、抜きで кофе без сахара:砂糖なしのコーヒー сахар:砂糖
  • над:~の上方に 【выше も似た意味の前置詞】
    ★ ниже:~の下方に これは「下記に記してある」のように使用。副詞としても使う。

なるほど・・列挙すると、数は結構ありますけど、意味は易しいですね。知っておくと、表現の幅がかなり広がると推測できます。イメージを大事にすれば、用法が多くても楽しく知識を増やしていけそうです!

★ 前置詞を代名詞と一緒に使う時は、ちょっとした面倒な規則があります。1人称の単数 я と、3人称(男・女・中・複)を前置詞とともに用いる場合です。詳細は、別途に詳しくまとめています。

「~の上方に」を表す前置詞としては、他に сверх があります。これは、「~を超えたところに」の意味も表します。 верх は「上部」「トップ」などの意味で、それに接頭辞として с がついて1つの前置詞になっています。
その他に、при という前置詞もあります。これは「~【数値など】で、に」「~の近くに、付近に(≒ около)」を表します。ただし、前置詞としてよりは、他の単語と結合して別の語を作る「接頭辞」としての役割として目にする事が多いかもしれません。

前置詞と一緒に使われる名詞の格変化

さて、文法的に面倒なのが、前置詞に続く名詞の形(「格」)が変化する事なんです。しかも、前置詞の種類によって、変化のパターンが変わったり、1つの前置詞に対して意味するものによって変化のパターンが違うものがあるんだそうです。これ、もう見た感じ面倒な規則なので、暗記するものではないという印象ですね。
規則の存在を意識しながらも、とにかく実際の使用例に多く触れる事が理解の鍵ではないかと感じます。

前置詞にくっつく名詞の形が変わります。正直、正確に覚えるのは相当面倒だと感じます。おそらく、そもそも一度に全て覚え込むべきものではないと思われます。

ロシア語の名詞には、単数形に対して①主格(主に~が、~は) ②生格(~の) ③与格(~に) ④対格(~を) ⑤造格(~で、によって)⑥前置格(前置詞と一緒に用いる)の、6つの形があるんだそうです。

で、この6つ目の「前置格」というのは前置詞と一緒に使われる時の名詞の形らしいんですが、さらに面倒な事に、前置詞の種類によっては、共に使う名詞を前置格ではなく②の「生格」や③の「与格」の形にしなければいけないものもあるのだそうです。(文法書ではそういうのを、ある前置詞は「生格を『要求する』」という言い方をしています。)

表にしてまとめておきますね。 例に使っている単語は、男性・女性・中性名詞ごとに3つずつあります。(語尾によって変化がさらに異なるため!)
男性:дом(家)、музей(博物館、美術館)、словарь(辞書)
女性:газета(新聞), деревня(村),тетрадь(ノート)
中性:окно(窓)、 имя(名前)、море(海) これら基本の形は「主格」です。
名詞の男性・女性・中性の区別については、別途に詳しくまとめています。

ロシア語前置詞 男性名詞女性名詞中性名詞
в【~の中で】
на【~の上で】 
о:
名詞は前置格
  • доме(単数)
    домaх(複数)
  • музее
    музеях
  • словаре
    словарях
  • газете
    газетaх
  • деревне
    деревях
  • тетради
    тетрадях
  • окне
    окнaх
  • имени
    именaх
  • море
    морях
в【~の中へ】
на【~の上へ】 
через:
名詞は対格

人や動物を表す、
「活動体」名詞のみが
変化。活動体は、生格と同じ変化。

  • газету
  • деревню
  • тетрадь

女性名詞の単数形は、活動体・不活動体に
関わらず上記変化
活動体複数は生格と同じ変化

主格と同じ
у из от до
после около
с со
против без
возле вдоль
по【~の】:
名詞は生格
  • домa
    домов
  • музея
    музеев
  • словаря
    словарей
  • 主格語尾が а
    • газеты
      газет
    • книги
      книг
    • собаки
      собак
    • кошки
      кошек
  • деревни
    деревень
  • тетради
    тетрадей
  • 主格語尾が о
    • слова
      слов
    • окна
      окон
  • имени
    имёи
  • моря
    морей
к по:
名詞は与格
  • дому
    домам
  • музею
    музеям
  • словарю
    словарям
  • газете
    газетам
  • деревне
    деревеням
  • тетради
    тетрадям
  • окну
    окнам
  • имени
    именам
  • морю
    морям
за между
перед над
с【~と一緒に】:
名詞は造格
  • домом
    домами
  • музеем
    музеями
  • словарём
    словарями
  • газетеой
    газетами
  • деревней
    деревенями
  • тетрадью
    тетрадями
  • окном
    окнами
  • именем
    именами
  • морем
    морями

★ ちょっと細かいんですが、女性名詞の生格のところについては次の分類をしています。

  • 語尾が а で終わるもののうち、 га ка ха жа ча ша ща
    このパターンのものは、生格のところだけ他の女性名詞と形が少しだけ異なる。 книга(本), кошка(猫♀), собака(犬)
  • 語尾が а で終わるもののうち、 それ以外 газета(新聞)

★また、о で終わる中性名詞の生格の複数形も名詞によって違うパターンがあり、2種類記しています。
окно(窓)と слово(言葉、単語)の2パターンです。

しかしこの規則は正直、分かりにくいと思います!!ただ、実際の使用例をあらかじめ知っていると、文法的な説明を見ても「ああ、確かにそうですね。実際にそうなってますね」という感じにはなりますね。やはり、規則的な文法の暗記に終始するのではなく、実際の使われ方をどんどん見ていくべきかと思います。

イメージをつかんだり実際の使用例を調べてみるところはすごく楽しく学べると思います!
もともと、前置詞って初歩的なもので(初歩的な文に使われるもので)、従って難しいものではありません。

逆に、名詞の「格変化」などについて過度に暗記する事に努力の方向が向くと、
「つまらないなー」「ロシア語って難しいなー」と、思ってし
まうのではないでしょうか。
便宜のために整理はいたしましたが、こういうものの暗記に終始すると、外国語を学ぶ面白さも奥深さも間違いなく半減するように思います。

実際の使用例をもっとたくさん見て、今回作った表を参照しながら「なるほどなるほど」と、確かめながら理解していくのがよいと思います。
まずは、変化がどうであろうと、おおもとの意味さえ把握していれば、大体の意味は分かるというのが個人的な感想です。文法のわずかな違いにより意味がかなり変化する例もあるかと思いますが、それは比較的稀ではないかとも思います。

それでは今回はこれで終わります。ご覧いただき、ありがとうございます!

参考文献・参考サイト

辞書の他に、初歩的な文法書を挙げておきます。暗記して覚え込む目的で読むというよりは、文法書や辞書を参照しながら、今回繰り返し強調していますが「なるべく実際のロシア語に触れる事」が大事であるように思います。引き続き、ロシア語の勉強がんばりましょう。

※参考図書のリンクは外部リンクです。

■ 参考サイト:ウィキペディアУральские горы(ウラル山脈・ロシア語)

また、このサイト内の接頭辞に関する記事も必要に応じて参照してみるのがおすすめです。
前置詞の学習でのイメージがあると分かりやすいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です