ロシア語のアルファベット一覧と発音

今回は、ロシア語を初めて学ぶ人のための「アルファベット」一覧と、
覚え方のこつや発音の学習について述べます~。

ロシア語アルファベットの特徴

まずは、具体的にロシア語のアルファベット(алфавит)を見てみましょうね。
いわゆる大文字と小文字があるのは英語のアルファベットと共通しています。

アルファベット順に並べるとこうなります!初見でいきなり暗記する必要は全く無いので、特徴などを少しずつ見ていきましょう。

全部で33個あるアルファベットの名称(文字自体の名前)と、
大まかな発音をアルファベット順に記すと、次のようになります。

  1. а「ア」【発音:ア】
  2. б「ベ」【発音:b(英語の)】
  3. в「ヴェ」【発音:v】
  4. г「ゲ」【発音:g】
  5. д「デ」【発音:d】
  6. е「ィエ」【発音:ィエ】
  7. ё「ヨ」【発音:ヨ】
  8. ж「ジェ」【発音:j】
  9. з「ゼ」【発音:z】
  10. и「イ」【発音:イ】
  11. й「イ・クラートコエ」【発音:(短い)イ】
  12. к「カ」【発音:k】
  13. л「エリ」【発音:L】
  14. м「エム」【発音:m】
  15. н「エヌ」【発音:n】★これが、紛らわしくて要注意なものの1つです!
  16. о「オ」【発音:オ】
  17. п「ペ」【発音:p】★これが、初めのうちは次の「エル」と紛らわしいかも。
  18. р「エル」【発音:r似(舌震わせる)】★これも紛らわしく、要注意ですね。
  19. с「エス」【発音:s】★ロシア語ではこれが専らsの発音です。
  20. т「テ」【発音:t】
  21. у「ウ」【発音:ウ】★これも少しだけ注意。
  22. ф「エフ」【発音:f】
  23. х「ハー」【発音:h似(kの音が混じる事も)】
  24. ц「ツェ」【発音:ts(ツ)】
  25. ч「チェ」【発音:ch(チャ等)】
  26. ш「シャ」【発音:sh(シャ等)】
  27. щ「シシャ」【発音:シー】
  28. ъ「硬音符」【発音:発音なし】★前後の発音を分離する役目です。
  29. ы「ゥイ」【発音:ゥイ】
  30. ь「軟音符」【発音:発音なし】★前の文字の発音を少し変える役目です。
  31. э「エ」【発音:エ】
  32. ю「ユ」【発音:ユ】
  33. я「ヤ」【発音:ヤ】

はい!初見で暗記する必要は全く無いので、ざっと眺めたらそれで終了で構いません。

これらを眺めてみると、じつは英語等の西欧の多くの言語のアルファベットと同じものと、見慣れないものがあります。それに気付く事が1つのポイントです。また、英語のアルファベットと形だけは同じで、発音の仕方が全然異なるものがあるので、特にそこに気を付ける事もポイントだと思います。

こうして整理してみると、大抵のものは何かしら注意が必要なものという事になりますが、具体例を使って学ぶと意外に簡単に慣れて覚える事ができるでしょう。

後述しますがギリシャ文字を知っていると(ギリシャ語は知らなくても)多少発音のイメージがつきやすいものもあります。実際、ロシア語の母体となっている「キリル文字」は、10世紀にギリシャ語のアルファベットを基礎にして作成されたと言われているものです。

筆記体というものもあり、大体は元の形と同じですが、中には結構変わるものがあるので注意も必要です。
例えば、ロシア語の т は筆記体だと「m(英語のエムの小文字)」に似た形になります。インターネット上でも、この筆記体が用いられている場合がたまにあります。

アルファベットを使って色々な単語を読んでみよう

では、色々な単語を見てみましょう。文法も大事でしょうが、まず単語というパーツがないと始まりません。画像も利用しながら、楽しく学んでいきましょう。どーん!

★ このページでは日本語で読み仮名を書き添えてますが、 当然日本語表記ではどう頑張っても正確なロシア語発音を表すのには限界があるので、その点はご了承ください。
「実際の正確な、ロシア人によるロシア語発音を知りたいんだ」という場合は、このページの後半でも述べているように、CD付きの文法書を購入するか、ネット上であればユーチューブなどの動画を視聴する事がおすすめです。

地図を見てみると、ロシアの首都のモスクワはロシア語では Москва 【モスクヴァー】 と表記される事が分かります。その他の都市の名前も、アルファベットを覚えるのに役立つでしょう。

ロシアの人口はさすがに日本よりは多く、2020年1月では約1億4千万人ほどです。アメリカに比べると意外と少ないと言えます。
「人口」の事はロシア語で население 【ナセレーニエ】と言います。
このように、ちょっと気になった言葉があればロシア語で何と言うのかを調べてみるようにすると、アルファベットに簡単に慣れるようになります。

ワンポイント発音①
  1. н :これは英語で言うと N の発音(ナ・ニ・ヌ・ネ・ノ)
  2. с :これは英語で言うとSの発音「サ・スィ・ス・セ・ソ」
  3. л :英語のLに似た発音
  4. и :「イ」に近い発音
  5. а 、e、 о :「ア」「ィエ」「オ」 

というのが大雑把な発音です。→ население 【ナセレーニエ】
※より詳しい発音の詳細については、後述する表にまとめてあります。

首都 столица 【ストリーツァ】:モスクワ Москва 【モスクヴァー】

Россия 【ロシヤ】:ロシア
русский алфавит 【ルスキー・アルファヴィート】ロシアアルファベット
России :「ロシア(という国)の」
русский :「ロシア的、ロシア製の」的な意味での「ロシアの」
русский язык【ルスキー・ィエズィク】「ロシア語」язык【ィエズィク】:「言語」(※「舌」も意味します。)
ロシア語の形容詞は、語尾が変化したりして、文法的に結構面倒です。このページでは本質的ではないので触れないでおきましょう。
столица России:「ロシア(という国の)首都」(つまりモスクワです。)

Чёрное море【チョルナイエ・モーレ】黒海 черный【チェルニー】黒い море【モレ】海 
現在はロシアではなくウクライナの土地ですが、有名な「チェルノブイリ」という地名も、「黒い草」的な語源の草の名前に由来するのだそうです。

さらにワンポイント発音②
  1. в :英語のV「ヴ」などの濁る音。
    (他方、Б という文字が英語のB「バ・ビ・ブ」の発音)
  2. ц :「ツァ・ツィ・ツゥ」を表す発音。царь:帝政ロシアのツァーリ(君主・皇帝)
  3. у:これは「ウー」という発音。英語のワイと間違えやすいですね。
  4. М、к、т:これらは、英語のM、K、Tと大体似るようです。т については少し注意事項もあり。
  5. я :このアールがひっくり返ったような文字は、英語のY発音「ヤ」等を表すらしいです。子音ではなく母音の一種。
    н と組み合わさって ня の場合はまとめて「ニャー」になる。язык の場合は「ィエ」的になるらしいです。

→ Москва 【モスクヴァー】 столица 【ストリーツァ】 Россия 【ロシヤ】 Русский【ルスキー】

  1. з:英語のZ発音「ザ・ズィ・ズ・ゼ・ゾ」
  2. ы:これで1つの文字として扱い、「ゥイ」という発音らしい
  3. Ч:英語で言うch「チャ・チュ・チョ」発音
  4. ё:これは、「ヨォ」と発音するらしいです。

→ язык【イェズィーク】 Чёрное【チョルナィエ】

「ロシアの首都はモスクワです」と言うには Столица России ― Москва. と書きます。
このダッシュ記号「 ― 」は、発音はしません。つまり、書く時だけ記すものです。名詞として代名詞を用いる場合は、このダッシュ記号を省略したりもします。
例えば、「私は日本人です」は Я японец . と書きます。я【ヤー】:私  японец 【ィエポネーツ】: 日本人

Российская Федерация:正式名称の「ロシア連邦」

город【ゴーロト】:町、市、都市(歴史でノヴゴロド公国とかありますね)
деревня【ディエレーヴニャ】:村、集落

「村」と「町・都市」。厳密な線引きはどの言語でも難しいでしょうが、イメージです。
д(デ)の発音

д は基本的には英語で言うdの発音らしいですが、
①「単語の終わりに来るとき」と②「無声子音(濁らない発音)の前に来るとき」は、実質的にtの発音になるんだそうです。
また、細かい発音は少し文面では表しにくいところがあって、
да ды ду дэ до は「ダ・ドゥイ・ドゥ・デ・ド」のような音であるのに対して、
дя ди дю де дё は「dya(ディヤ)・di(ディ)・dyu(デュゥ)・ディェ・dyo(デョ)」
(実質的に「ヂャ・ヂ・ヂュ・ヂェ・ヂョ」に近くなる事も)
このへんは、少しずつ具体的に聴きながら分かるようにしたいですね。

т(テ)の発音

т は基本的には英語で言うtの発音らしいですが、これも少し注意する必要もあって、
続く文字によっては「チャ・チ・チュ・チェ・チョ」の音にもなるそうです。
より具体的には、
та ты ту тэ то は、「タ・トゥイ・トゥ・テ・ト」
тя ти тю те тё は、「チャ・チ・チュ・チェ・チョ」
という感じです。
「トゥイ」と「チ」、「ト」と「チョ」の違いに注意して勉強したいですね。

Сибирь 【スィビーリ】シベリア ・・最後の ь は、発音はせずに、「子音の音をぴたっと止める(「リー」ではなく「リ」で止める)」軟音符という文字だそうです。(※こういうのはめんどくさいですね。発音はしないという事だけ覚えておきましょう!)
Сибирский хаски【スィビルスキー・ハスキー】シベリアンハスキー
x は、英語のH「ハ・ヒ・フ」に近いが「寒い時に吐く息」・・のような発音らしい。実際に聴くと、実質的にKの音も混じってるように聞こえる場合もあります。

Русская голубая кошка 【ルスカーヤ・ゴルバーヤ・コーシュカ】・・ロシアンブルー(ネコ)(なんかかっこいい・・)
Русская →ロシアの  голубая →これが「青い」を表現  кошка → 意味としてはメス猫。オスネコは кот です。

Флаг【フラク】:旗  Флаг России 「ロシア国旗」

ロシアンブルーさん、シベリアンハスキーさん、ロシア国旗さんをロシア語で表現してみました。
ワンポイント発音③ ギリシャ文字由来っぽいもの

г、 р、д、Ф、x などは、ギリシャ文字由来と考えたほうが覚えやすいかもしれませんね。

  1. г :英語のG発音(→ ギリシャ文字の「ガンマ」Γ (大文字))
  2. р :英語のRに近い発音(→ ピーではなくてギリシャ文字の「ロー 」 ρ 由来)
  3. д :英語のD発音(→ ギリシャ文字「デルタ」Δ)
    да ды ду дэ до は「ダ・ドゥイ・ドゥ・デ・ド」
    дя ди дю де дё は「dya・di・dyu・ディェ・dyo」
  4. Ф :英語のF発音(→ ギリシャ文字の「ファイ」φ)
  5. п :英語のP発音(→ ギリシャ文字「パイ」π )
  6. x :英語のH発音に似る(→ ギリシャ文字「カイ」χ )
ワンポイント発音④ その他!
  1. ш :英語のsh発音「シャ・シュ・ショ」
  2. щ :「シー」
  3. ю :「ユ」
  4. ж :英語のJに少し似た発音「ジャ・ジュイ・ジュ・ジェ・ジョ」
  5. ь :「軟音符」これ自体は発音せず、母音を長くせず「短く止める」役割

なるほど・・こうして見ると、 ちょっとした学習上の分類ができるかもしれませんね。

  1. a,e,o,M,K,T, などの英語等の西欧言語の知識がある程度使えるもの
  2. н 、р 、y などの、英語等の知識の先入観が邪魔をするので要注意のもの
  3. г, д, ф, П などの、ギリシャ文字を知っていると覚えやすいもの
  4. и, л, з ,ш, юなどの、新規に覚えるべき文字

ロシア語のアルファベットとその発音は、具体的な単語の中で覚えるのが良いと思います。
その際は、必ずしも文法書等に記されている単語だけではなくて、自分が好きな単語、興味のある単語を選ぶのがいいと思います。(※これはロシア語に限った話ではありません!)

例えば、管理人自身の体験ですが、(めす)ネコを表す「コーシュカ」 кошка の中の ш や、 黒海 Чёрное море や「チェルノブイリ」の Ч は、読み方を絶対忘れないようになり、慣れる事ができたように思います。どのような単語を選べばよいかは、人によって違うと思います。

また、このページでいくつか記したように、画像等を利用するとイメージもしやすくなるでしょう。現地の人による「正確な発音」を知りたい場合は、後述するようにユーチューブの動画などで実際にロシアの人によるロシア語を聴いてみるのが良いでしょう。

色々なロシア語単語です。具体例や五感も使って楽しく覚えていけると良いですね。

次の表はアルファベットの発音について、特徴ごとにまとめた少し詳しい説明です。

ロシア語アルファベット発音単語の例
a,e,o
к、м、т
大雑把には英語同様のローマ字的な発音
a :「ア」よりも口を大きく
e :「ィエ」的な発音
o :「オ」の前にかすかに y 音
кот【コット】・・ネコ(雄猫)
я「ヤ」 英語の Y 発音「ヤ・イィ・ユ・イェ・ヨ」россия【ロシヤ】・・ロシア
и「イ」 「イ」(й は「短い『イ』」)
B「ヴェ」 英語の v 発音「ヴ」Москва【モスクヴァー】・・モスクワ
Б「ベ」 英語の B 発音「バビブ」хлеБ【フリェープ】・・パン
х「ハー」 英語の H 発音似「ハ・ヒ・フ」
「寒い時に手を暖めるために息を吐く音」・・らしい。
с「エス」 英語の s 発音「サ・スィ・ス」соБaкa【サバーカ】・・イヌ
н「エヌ」 英語の n 発音「ナ・ニ・ヌ」население 【ナセレーニエ】人口
Ф「エフ」 英語のF発音Флаг【フラク】・・旗
город【ゴーロト】・・町、市
дом・・【ドーム】・・家
деревня【ディェレーヴニャ】・・村
река【リカー】・・川
гора【ガラー】・・山
лето【リェータ】・・夏
парк【パルク】・・公園
л「エリ」 英語のL発音に近い
(舌震わせない)
г「ゲ」英語のG 発音「ガ・ギ・グ」
д「デ」 英語のd発音および
「ヂャ・ヂ・ヂュ・・」
п「ペ」英語のP 発音「パピプペポ」
р「エル」 英語のrに似るが、
「舌先を震わせる」発音
з「ゼ」 英語の z 発音「ザ・ズィ・ズ・ゼ・ゾ」зоопарк【ズーパルク】動物園
завод【ザヴォート】・・工場
закон【ザコン】・・法律
у「ウ」 「ウ」唇を丸くし、できるだけ突き出す урок【ウローク】・・授業
учить【ウチーツ】・・教える
ч「チェ」 英語の ch 発音「チャ・チィ・チュ・チェ・チョ」 врaч【ヴラーチ】・・医者
черный【チェルヌイ】黒い
ы「ゥイ」 「ゥイ」舌を引き、後舌面を上げ、唇を突き出さない・・らしい
ж「ジェ」英語の J 発音に似る「ジャ・ジ・ジュ・ジェ・ジョ」
舌先を硬口蓋に近づけ舌先に強い息を集中・・
жаркий 【ジャルキー】・・暑い
ш「シャ」 英語の sh 発音に似る「シャ・シ・シュ・シェ・ショ」
ж の、濁らない版
кошка 【コーシュカ】めす猫
ю「ユ」 「ユ」
ロシア語の y の前に短い「イ」
ночью 【ノーチュ】・・夜に
дверь【ドゥヴェーリ】・・扉、ドア
семья【スィミヤー】・・家族
мать【マーチ】・・母
осень【オスィエン】・・秋
ь「軟音符」 発音しない。
①母音を短く止める役割
②音を分離する
ъ「硬音符」 発音しない。
音を分離する
съел【ス エール】食べてしまった

ロシア語では、発音について細かいところを見ていくと結構キリがないようなところがあるので、初めから全てを暗記しようと思うのではなくて、重要なポイントだけを押さえて少しずつ理解していく事が大事だと思います。

「軟音符」ь がある時とない時の違い

例えば с の後に続く時と続かない時では、
сь:【シ】 си:【スィ】 に近い発音の違いがあるそうです。

  • письмо【ピシモー】手紙
  • здесь【ズヂェーシ】ここに
「有声化」と「無声化」

普通は濁る子音(「有声子音」)が
① 単語の終わりにある時や、②濁らない子音(「無声子音」)の前
にある時は、 濁らない音(つまり「無声子音」と同じ音)になるんだそうです。
逆に、濁らない「無性子音」が濁る「有声子音」に変わる例もあるそうです。
結構面倒くさいですね!まずは重要なところだけ、少しずつ理解すればよいと思います。

  • 有声子音が「無声化」する例:
    вчера【フチェラー】昨日、前日 сказка【スカースカ】おとぎ話
    в з の発音が変化
  • 無声子音が「有声化」する例
    сделать【ズヂェーラチ】~を行う
    с の発音が変化

こういう細かい発音の変化って、英語にもありますけど、暗記して覚えるものではないですものね。

発音の学習はどうすればいい?CDや動画を使おう

ロシア語の正確な発音や単語の力点(アクセント)を知りたい場合、本に書かれた内容から理解する事には限界もあります。英語等の場合もそうですが、現地の人が話す事を聴くのが最も良い学習につながります。

★ただし、同じ現地の人が話す言葉でも、一般の人の日常会話・俳優さんなどのセリフ・ニュースキャスターによるアナウンス・外国語学習者のために読まれた模範的な朗読などは、それぞれ微妙に異なるものがあります。最も良いのは、それらのどれか1つだけではなく、色々なものに耳を傾けてみる事です、それによって、その「微妙な違い」というものも感覚的に分かるかと思います。

実際にロシアに行ってみるのが理想ですが、それが難しい場合はCD付きの文法書で学習するか、あるいはユーチューブなどの動画を視聴してみる事がおすすめです。学習者のための模範的な発音を聴く事も大事ですし、「実際のところ現地の人がどのように話すのか」を聴く事も同じく大事です。

例えばニュースなどがあります。

字幕機能を使うと、分かりやすくなると思います。学び始めの時にいきなり全てを聴き取る事はできないので、少しずつ慣れて行きましょう。

こちらはキリスト教関連の動画です。(キリスト教はロシアの重要な文化のひとつ。)

こちらも字幕機能付きの動画です。ユーチューブの字幕機能は、動画によっては必ずしも100%当てにできない面もあるのが現状ではありますが、参考にはなるでしょう。

シベリアの自然に関する動画も紹介しておきましょう。こちらの動画は多分英語版もあるかと思いますが、ロシア語のものを紹介します。

ユーチューブの動画では、字幕機能のアイコン【歯車のアイコンのすぐ左】をクリックすると字幕が表示されます。(※字幕機能を設定してない動画については表示されません。)

どういう動画が最も好ましいのかと言えば、自分の関心が強い分野である事が望ましいでしょう。

こういった参考になる動画、役立つ動画、楽しい動画を調べようと思う時に問題になるのが、基本的な単語の理解と、「検索」の仕方だと思います。

基本的な単語については、このサイト内の別の記事で色々と紹介したりまとめたりしているので、見てみてください。ロシア語をキーボードで打つ方法は別途にまとめています。

★参考文献:
「模範的な発音」を知りたい場合はCD付きの文法書などを利用しましょう。

ニューエクスプレスプラス ロシア語《CD付》

それでは今回はこれで終わります。ご覧いただき、ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です